睡眠時間

今日は5時に起床しなければいけなかったので、先日は22時頃に床に就いた。7時間程睡眠をとっていることになるが、どうも目覚めが悪かった。普段の睡眠時間と変わらないのにだ。とはいうのも、以前から早起きすることが苦手であり、早く寝ようが関係無いのだ。大学生のときでは、昼夜逆転して朝の8時に寝たら14時には目覚めていた。睡眠時間6時間ほどになるが目覚めは悪くなかった。普段の習慣が関係しているのか、外の明るさが関係しているのか。筆者は後者に関係があると考える。冬はとくに朝が弱い人が多い。もちろん気温が低く寒いことから布団に出たくないことが大きく関係するだろう。しかし朝日が昇るのが遅いことも関係あるのではないだろうか。自然界でも朝日が昇ると同時に活動を始める動物は多いことから、やはり人間にも動物の本能があるのではないだろうか。筆者は常々思っていたことだが、学校や会社の定時を1時間程遅くしたら良いと考える。テレビ番組も1時間連動して遅らせるのだ。こうすることで朝に弱い人のうち数%でも増える傾向が出るのではないか、少なくとも減ることはないのではないかと考える。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビー修士

Author:ビー修士
→お問い合わせはこちら

最新記事
カテゴリ
PV
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR